第三国から日本に生じるツーリストに推薦するなら古都かなと思います

現時点で、日本を訪れた外人の頻度は何とか2000万人を突破しました。政府はグングンたくさんの外人が日本に来てくれるようにと、名勝や宿屋の整備などに乗り出していらっしゃる。そんな中で何より外人に人気があるのが京都。京都へ行くとウィークデー・休暇かかわらず、必ずや大勢のツーリストが訪れています。路線バスや鉄道の人混みは当たり前で、有名な寺社の間近だと、わずかお茶講じるだけでも長蛇の列に並ばなければいけないなど、不便な部位も出てきていらっしゃる。それに比べて、こちらがこの間訪れた奈良は、おんなじ「古都」ですのに、また京都と同様にツーリストが多いにもかかわらず、たいへんのんびりした雰囲気でとっても良かったのです。一緒に行った仲良しは「京都にお出かけに来た人って“取りあえず京都くさいことを経験して帰ろう”って意気込みが強くてギンギンしてるけど、奈良はそれがあまり弱い気がする」と言っていました。当然、有名な寺社や人気のある食堂はそれなりに並んでいたりしますが、メインの場所の路上がだいぶ大きく作られていたり始めるせいか、ギュウギュウ・キツキツという感じはとってもしませんでした。奈良にも京都に負けないくらいたくさんの歴史ある住宅がありますし、旨いフードもたくさんあります。「些か年季を感じる観光が望む、けれども人の多いところはちょっとね」と思っているやつには、奈良は誠にオススメです。http://www.iaajs.org