不安だったアウトドアがメインの観光・・人並みがあたいを変えてくれた

とっくにオーストラリアにトリップへ行ったときの話です。
企業の勝者が他国トリップが大好きで、そういった勝者からの手引きで行ってきました。
勝者は他国トリップにほんとに慣れていて、飛行機の下ごしらえ・旅館の下ごしらえ・・すべてやってくれました。
オーストラリアに関しての認識は(コアラがいる・・)くらいでしたが、初めての周辺なのでわくわくしていました。
オーストラアリといえば、シドニー・メルボルン・・それでも勝者から聞かされた安否はケアンズ・・??初めて訊く肩書きです。
本当は勝者、アウトドアが得意でスキューバの免許も持っています。
そのスキューバを楽しみたいのでケアンズを選んだそうですが・・・僕はやったことないし・・憂慮しかないです。
しかも、ケアンズに8日間滞在というからミステリアスでした。
勝者のツアーは、毎日視線はケアンズ市内の旅・2日光視線はグレートバリアリーフでスキューバ・3日光視線は山々で乗馬・4日光視線は川でラフティング
5日光視線は市内で注文・6日光視線は海でパラセーリング・7日光視線はクルージングで島巡り・8日光視線は帰宅・・決してアウトドアという。
僕はどちらかというとインドア派で海とか山々とか拒否でした。
到着する前からメランコリーでしたが、勝者に気づかれないみたいニンマリしていました。

ケアンズに到達。旅館に郵便を置いて直ぐに旅!!通りの人達は自身時期で声をかけて貰える。
通り自身も一年中で身近きってしまうくらいで、良い意味でこじんまりとしています。
そうして、2視線日光のグレートバリアリーフへ・・僕はスキューバの免許がない結果シュノーケルにしました。
船にのり現にグレートバリアリーフへ・・
素晴らしいです!!海が透きとおっている。海をのぞきこむとサンゴや魚が見える。
大自然に囲まれ、青い海に自分をまかせ不安だった機嫌があっという間になくなりました。
帰国するまでの7日間、はたして素敵な遭遇ができました。
次にいく機会があれば、日程を詰め込まずじりじりトロトロしてもいいかな?と思います。カードローンの借金相談はコチラから!